お口の中を見ればどんなケアをしているのか分かります

  • HOME
  • 院長ブログ
  • お口の中を見ればどんなケアをしているのか分かります

西日本を襲った、記録的な豪雨は

想像を絶するほどの被害で

言葉がありません。

地震に豪雨、ここ最近甚大な

自然災害が続き改めて

恐ろしさを感じました。

自分のところは今まで大丈夫だったから

大丈夫という思いは

もう絶対に通用しないと思いました。

一人でも多くの命が助かって欲しいと思います。

また被災された方が一日も早く

元の生活に戻れるように

心から祈っています。

 

雨が上がってから一気に気温が上昇しています。

熱中症にも、お気をつけ下さい。

こまめな水分補給

喉が渇く前に水分補給をすることを

心がけて下さいね。

もうすぐ夏休みですね!

長期のお休み時には沢山の

お子さまたちが来院されます。

頑張って自分からお口を開けてくれる子

歯医者さんが苦手な子・・様々です。

 

歯磨きが嫌いな男の子。

お口の中を見ると沢山のプラークが

付着しています。

普段から、歯磨きするのが面倒で

あまり磨いていないそうです。

 

ブラッシング指導を行ない

次回来院時はちゃんと磨いてくるように

お約束して帰宅しました。

 

次の診察時には約束通り

歯磨きをしてから来院してくれました。

 

でも・・お口の中をみると?!!

 

『今日は歯医者さんだから、歯磨きしたけど

他の日はサボっていたよね?』と聞くと

『なんでわかったん?』と言われました。

 

なぜわかるかというと

歯の表面のツヤが違うのです。

 

毎日しっかり磨かれている歯面は

透明感とツヤがありますが

ブラッシングが不十分だと

歯面のツヤが無くなり

白濁したような色になるのです。

この透明感とツヤは一日では作れません。

 

これは大人の歯も子どもの歯も同じです。

お口の中を見れば毎日どんなケアをしているのか

分かります。

毎日の丁寧な歯磨きでしっかりと

歯垢(プラーク)を落として下さい。

 

この時、歯と歯の間にも毛先が入るように

軽い力で小刻みに動かして下さい。

 

奥歯の後ろ側もプラークがつきやすい

場所となります。

歯ブラシは、ヘッドが小さく薄いものが

奥歯の奥まで入れやすいと思います。

 

ご自身でも気づきにくい歯周病は

歯垢が溜まった場所から

静かに進行していきます。

30代以上の約8割は歯周病と

言われています。

また年齢が上がるほどその割合は

増加傾向にあります。

 

磨き忘れ、磨きにくい場所など

どなたにもあると思います。

 

ご自身による歯磨きの仕方を

変えることや、ちょっとしたコツを

知る事で歯肉の状態が

良くなる事もあります。

 

ご自身による毎日の丁寧な歯磨きと

歯科医院で行う定期的な

プロフェッショナルケアで

歯周病・むし歯など

お口のトラブルとは無縁な

健康的なお口を維持していきましょう。

 

歯を清潔にすることは、

からだの健康を守る事にも

繋がっています。

 

定期的な歯のプロフェッショナルケアは

うおた歯科医院にお任せください。

 

約1時間かけて歯科衛生士が

上下の歯をツルツル・ピカピカな清潔な状態に

仕上げていきます。

 

うおた歯科医院ではお電話・WEBでも

ご予約が可能です。

 

お口周りで気になる事

検診・クリーニングをご希望でしたら

お気軽にご予約・ご相談下さい。

お待ちしております!

 

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日