使ったことありますか?染め出し液

まだ寒い日が続きますが

梅の花、水仙の花々が咲く季節に

なりました。

 

万博記念公園の梅も

咲き始めみたいです。

今週末の土曜日、17日から

万博記念公園で『梅まつり』が始まります。

広い梅林で

約1ヶ月間、様々な種類の梅や

早咲きから遅咲きの梅が楽しめます。

 

梅は枝についた、丸く大きな

つぼみも可愛いですよね。

院内には幻想的な、椿の切り絵を飾りました。

 

二十四節気では

立春を過ぎると次は雨水(うすい)です。

雨水はあまりメジャーでは

ありませんが

雪が溶け始め、雪から雨に変わり

草木の芽が出始め

春に向かっていく節目とされています。

 

2018年の雨水は2月19日月曜です。

またこの日にお雛様を飾るのも

良いとされているみたいです。

春一番が吹き、農耕の準備をする目安とも

なっています。

寒さのピークもそろそろ終わりでしょうか?!

三寒四温を繰り返しながら、

春へと向かっていきますね。

皆さま

染め出し液は使ったことがありますか?

染め出し液とは、一度ご自身で歯磨きを行った後に

染め出し液を歯全体に塗ると

磨き残しがある部分だけ赤く染まるというものです。

 

染め出し液を使って歯磨きの磨き残しを

目で確かめることができ

ご自身の歯磨き方法を改善することができます。

 

小学校の歯磨き指導など、集団の場面で

使われることも多いのですが、もちろん

歯科医院でも使います。

 

特にお子さまの場合、磨き残しがあっても

歯の表面につくプラーク(歯垢)は、歯の色と似ている

ために見ただけでは、ハッキリとは分かりづらいです。

 

また、お子さまにただ説明するよりも

染め出しを行って、ご一緒に

どこが上手く磨けていないのか

目で確認ができると

お子さま自身でしっかり赤く染まった部分を

磨いてくれるので

歯磨き方法の改善にもつながります。

 

自分の歯の汚れを意識して

歯磨きをすることは

綺麗な歯を手に入れられる近道となります。

染め出し液は歯科医院、ドラッグストアでも

販売しているので、気軽に購入できます。

 

ご自身の歯の磨きにくい場所の確認

お子さまの歯磨き方法の改善や

矯正中できちんと磨けているかチェックするなど

色々と使えます。

 

健康な歯を守るためにも

ブラッシング・フロス・歯間ブラシ等で

歯のお手入れ、お口の中を常に良い状態に保ち

大切な歯を失わないように

ご一緒に維持していきましょう。

 

また、どれだけ丁寧に歯磨き・歯のケアをしていても

ご自身では、完全にプラーク(歯垢)を

除去することは難しいです。

磨いているつもりでも磨けていない場所

磨きにくい場所はどなたにもあると思います。

 

歯ブラシが上手く当たらない所には

どんどんプラーク(歯垢)が溜まってきます。

 

当院では、3ヶ月に一度の定期検診を

オススメしています。

 

お口の健康を守るプロ、歯科衛生士が

約一時間かけて1本1本丁寧に上下の歯の

汚れを専用の機械で取っていきます。

歯の表面もすごくツルツルになって

気持ちいいですよ!

毎日使う大切な歯は日々気にかけて

綺麗にしていきましょう。

 

悪くなってからの歯科通いではなく

予防ケアが全てにおいて

はるかに負担が少なく

大切となってきます。

 

また、口腔内の清潔さと健康維持は

密接に関係しています。

 

定期的な歯の検診とクリーニングで

お口の健康を保っていきましょう!

歯のクリーニングが

お久しぶりでもお気軽にご予約くださいね。

 

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日