歯のケガの対処法〜もしケガで歯が抜けてしまったら?

  • HOME
  • 院長ブログ
  • 歯のケガの対処法〜もしケガで歯が抜けてしまったら?

豊中市の『うおた歯科医院』です。

 

ブログのご訪問ありがとうございます。

 

暖かい日と寒い日がかわるがわる

やってきて冬と春の

せめぎ合いみたいな日が続きますね!

 

日中の日差しも

日に日に暖かくなり

春の訪れを肌で感じる日も

多くなってきました。

 

毎年ですが春の気配

春の陽気は

やはり心踊るものがあります。

 

まだまだ寒い日もあるので

体調管理には注意していきましょう。

受験生の皆さんもいよいよですね!

 

体調管理に気をつけて

いつも通りの自分で、今までの努力を信じて

力を出し切ってください。

 

良い結果を願っています。

 

 

遊びやスポーツで顔から転んだり

口をぶつけてしまうと

前歯が抜け落ちたり

折れてしまうことがあります。

 

歯のケガは

幼稚園児や

小学生だと遊びやスポーツ

衝突転倒、自転車転倒

 

中・高生だと部活中のケガが

多いと思います。

 

そんな場合はあわてずに対処をして

すぐに歯科医院を受診してください。

 

抜け落ちた歯は

乾燥させないようにして

出来るだけ早く歯科医院へお持ちください。

 

歯の根っこには『歯根膜』という

歯を支えている柔らかい組織があります。

 

歯根膜は非常にデリケートで乾燥に弱いため

口の外では30分ほどしか生きられません。

 

歯根膜が生きていれば

歯が元の位置に戻り定着する可能性が

高くなりますので

乾燥させないように

保存することが何よりも重要です。

 

抜けた歯の保存方法

○ティースキーパーネオ・・24時間

学校や運動施設等にある歯の保存液

 

歯根膜の乾燥をふせぎ

浸透圧をとPHを一定に保つことで

歯根膜を構成する細胞の活性を維持します。

 

ネットでも購入が可能です。

 

お家のお薬箱の中にあると

もしもの時に安心です!

 

低脂肪牛乳・・6時間

脂肪分の少ないもの

 

唾液・・1時間

頬の裏側または舌の下に歯を入れる

 

生理食塩水 0.9%濃度・・1時間

体液とほぼ同じ濃度と浸透圧

(作り方)

500mlのペットボトルのお水や

殺菌のために一度沸騰させて

冷ませたお水500mlに

小さじ1弱(4.5グラムの塩)を

入れて溶かす。

 

 

上記の方法が不可能な場合

水道水・・30分

 

 

歯の根っこには触らないようにして

保存液にいれます。

 

保存期限は目安です。

 

抜けた歯の再生処置は

早ければ、早いほど良いため

期限に関わらずできるだけ

早く受診しましょう。

 

歯が抜けてしまった以外にも

 

歯を強くぶつけた

歯が欠けた

歯にひびが入った

歯がぐらつく・陥没した なども

 

時間が経つと

歯が変色してきたり

痛みが出ることも

あるため、出来るだけ

早急な受診をお勧めします。

 

当院は阪急豊中駅、北改札口を出て

徒歩3分ほどです。

大切なご自身の歯をご一緒に

末長く大切にしていきましょう。

 

毎日の丁寧な歯磨きでも

やはり磨けていない場所

磨きにくい場所はどなたにも

あると思います。

 

定期的な歯科医院での歯のクリーニングで

清潔・綺麗にしていきましょう。

 

皆さま、毎日お忙しい中

歯も痛くないのに

歯科医院に行くのは嫌だな..と

足も遠くなりがちだと思いますが

ぜひご自身の今ある歯を

大切にするために

歯の検診と

クリーニングにお越しください。

お電話・WEBでご予約が可能です。

 

歯やお口周りで、気になる点が

ございましたらお気軽に何でも

ご相談してください。

 

豊中市の『うおた歯科医院』で

お待ちしております。

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日