歯磨きの順番〜フロスはいつ使いますか?

豊中市の『うおた歯科医院』です。

ブログのご訪問ありがとうございます。

 

まだまだ寒い日が続きますが

水仙が見頃の季節になりました。

 

暖かな日差し、ぽかぽかな陽気

春の訪れを待ちわびながら

体調管理に気をつけて

元気に過ごしていきたいですね!

うおた歯科医院に先週から

新しいスタッフが勤務しています。

 

ちょうどお誕生日でしたので

お昼休みにお祝いをしました。

Yさん、楽しく素敵な一年でありますように☆

これからよろしくお願いいたします。

 

2月3日日曜日は節分です。

福豆まき、恵方巻き、焼きイワシ

今年の恵方は『東北東』になるみたいです。

 

東北東を向いて

黙って一気に食べられるでしょうか?

 

なぜか途中でおしゃべりしたくなります。

 

食べたら歯磨きです!

 

皆さま、毎日きちんと歯磨き

しているはずなのに

40代以降のかた

約8割が歯周病と言われています。

 

食後に歯ブラシできちんと歯磨きをされると

思いますが、もったいない?!残念な?!

磨き方になっているかもしれません。

 

同じ歯磨きでも

より効果の高い歯磨き方法を実践して

綺麗な歯を保っていきましょう。

 

歯磨きは、食べたものの詰まりや

食べカスを取れれば、大丈夫と

思いがちですが、プラークの除去が重要です。

 

むし歯と歯周病の原因はプラーク・歯垢です。

 

このプラークを除去するためには

歯ブラシのみでは、落としきれないです。

 

歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が

届きにくいため、プラークが残りやすく

その場所にどんどんプラークが溜まります。

 

このプラークをご自身でしっかりと

除去するためには

デンタルフロスの使用が必須です。

 

市販のデンタルウオッシュなどで

お口をクチュクチュするだけでは

プラークは、落ちません。

 

いきなり、毎日・毎回

デンタルフロスを使用するのは

慣れないと思います。

まずは、就寝前の夜の歯磨きタイムに

デンタルフロス・歯間ブラシをプラスして使用して下さい。

 

歯と歯の接触している部分

歯間を磨けるのは

デンタルフロスです。

 

歯ブラシの毛先は入りません。

歯と歯茎の間に隙間がある場合は

歯間ブラシを使うと綺麗に磨けます。

『歯を磨く順番』

 

まずは、歯ブラシで歯全体を磨いて

汚れを落としてください。

 

歯並びが重なっている場所

奥歯の奥など、磨きにくい場所は

毛先が小さく・山切りのブラシで

最初に1本ずつ磨くのもオススメです。

その後、デンタルフロスを

歯の面にフロスを沿わせながら

歯と歯ぐきの間の溝に溜まった

プラークを除去して下さい。

 

デンタルフロスも、使いやすい持ち手の

ついたY字のタイプや

滑りのよいワックスつき

よりプラークを

除去しやすいワックスなし

濡れると膨らむソフトなフロスや

フレーバーがついているもの

歯の間に入れやすい、平べったい形のフロス

など、など、最近はドラックストアでも

すごく種類が多いので、ぜひ

お気に入りを見つけて下さいね。

 

せっかくの歯磨きタイム!

 

正しい歯磨きで

むし歯・歯周病を予防しましょう。

 

また、3ヶ月に一度は

歯科医院で、定期健診・クリーニングを

受けてください。

 

うおた歯科医院では

歯科衛生士が約1時間かけて

上下の歯をさらに細かく

プラークの除去

汚れがつきにくい

ピカピカな歯面に磨いていきます。

患者さまお一人お一人の

磨きにくい場所

プラークが溜まりやすい場所を

お伝えしています。

 

わからない事、気になる点が

ございましたら、お気軽にご相談して下さい。

 

当院は阪急宝塚本線 豊中駅から

北改札口を出て、徒歩3分ほどです。

阪急沿線沿い・176号線沿いにございます。

お電話・WEBでもご予約が可能です。

 

今あるご自身の歯を大切にして

末長く良い状態を維持するために

ご一緒に予防歯科に力を入れていきましょう!

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日