口呼吸は万病の元です!

豊中市のうおた歯科医院です。

 

晴れていますがひんやりとして

一気に寒くなってきました。

 

温かい飲み物が恋しくなりますね。

身体を冷やさず、本格的な寒さに

備えていきましょう!

 

今日は10月31日、ハロウィンです。

子供たちの仮装は

可愛くて微笑ましいですね。

 

今日のお子さまのおやつは

スペシャルバージョンでしょうか?!

 

食べたあとの歯磨きも、しっかりと

よろしくお願いします♪

 

 

空気も乾燥して、湿度も下がってくると

そろそろ、インフルエンザも

流行ってきます。

 

空気中には、細菌やウイルス

ほこりや花粉

身体に有害なものも含まれています。

 

お鼻で呼吸していると、その大部分は

自然にろ過されますが

口呼吸では、直接のどを通り

肺に入ってきます。

 

呼吸とは本来、鼻から息を吸い

鼻から吐く鼻呼吸が正常な

状態ですが、最近は口から息を吸って

口から吐く口呼吸している人が増えています。

 

皆さまは

口呼吸になっていませんか?

 

テレビ見ている時、スマホ触っている時

無意識の状態や睡眠中、お口が開いていませんか?

 

朝起きた時に喉がヒリヒリすることは

ありませんか?

 

無意識なので、ご自身では

わからないと思います。

 

まずは、ご家族同士などで是非

口呼吸になっていないか

チェックしてみてください。

口呼吸をしていると、

○口と喉が乾燥して、唾液の分泌が悪くなり

むし歯や歯周病になりやすいです。

 

○口臭やいびきの原因にもなります。

 

○喉のリンパが炎症をおこしやすくなります。

 

○風邪をひきやすくなります。

 

○舌の位置が下に下がりお顔がたるみ・しわ

二重アゴの原因になります。

 

○お子さまが口呼吸だと、歯並びにも影響が

出てきます。

 

 

舌先の正常な位置

上アゴ寄りにしっかりついているのが

正しい位置です。

 

この正しい位置に舌先がくると

自然と鼻呼吸になり

口呼吸やポカン口も改善されます。

 

リラックスして、お口を閉じているとき

舌先が前歯の裏に当たっているなら

舌の筋力が落ちて位置が下がっている証拠です。

 

舌の筋力が足りないと

舌が下に落ちてしまい、お口も開いてしまいます。

 

なぜ、お口が開いて口呼吸なのか

原因も考えていきましょう。

 

○舌や口周りの筋力の低下

○お鼻が詰まっているので

口呼吸になってしまう・・耳鼻科をまず受診してください。

○歯並びが悪い。

○口呼吸が癖になっている。

 

など、個々に口呼吸になっている

原因や状況があると思います。

 

当院では、口呼吸を改善し

鼻呼吸へと誘導する治療に積極的に

取り組んでいます。

 

気になる点がございましたら、

スタッフまでご相談ください。

 

舌の筋力の低下は、ご自身で

改善も可能です。

『あいうべ』体操です。

 

普段意識して使わない

舌を運動させて、口呼吸の改善と

表情筋を大きく動かして

さらにシャープで若々しいお口元も

手に入れてください。

 

 

あー・いー・うー・べーと

お口をしっかりと大きく動かしていきます。

 

1日30セットを目安に毎日続けてください。

声を出しても、出さなくてもかまいません。

 

いつでもどこでもできますが、

入浴中などがおすすめです。

 

顎関節症の方は、関節に負担のかからない

いー・うーのみを繰り返してください。

 

お口周りで気になる点が

ございましたら、豊中市のうおた歯科医院へ

お越しください。

 

阪急豊中駅北改札口を出て

3分ほどです。

阪急電車沿い、176号線沿いにございます。

 

小さなお子さまから、ご年配の方まで

また地域の皆さまに

来て良かったと思っていただけるように

皆さまの思いに応えられる技術と温かみのある

雰囲気を大切にスタッフ一同

患者さまのお口の健康の

サポートに努めさせていただきます。

 

土曜日の午後も診療しております。

お電話・WEBでもご予約が可能です。

 

歯科がお久しぶりの方も

お気軽に

歯の検診・クリーニングに是非お越しください。

 

ご一緒にずっと健康な歯と

お口周りを保っていきましょう!

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日