噛むことの大切さと満腹感

ブログのご訪問ありがとうございます!

 

皆さまの大切な歯が良い状態で

末永く保っていけるように

ご一緒に歯に対する意識を高めて

ケアしていきましょう。

 

この季節

あちらこちらのお家の庭先から

キンモクセイのいい香りがします。

 

オレンジのかわいい小さなお花を

見つけるより先にいい香りが

漂ってきます。

 

スーパーマーケットにも秋刀魚・柿や梨

美味しそうな秋の味覚が沢山です。

 

気温の温度差も大きいです。

秋の空模様は移ろいやすく

清々しい秋晴れは、続かないですね。

 

体調管理と

風邪など、お気をつけください。

 

昔から

『よく噛んで食べましょう!』と言われたり

言ったり、する事はありませんか?

 

噛むことの大切さや

噛むことの効用については

沢山ありますが

食べ物をよく噛んで

食べると、いつもより少ない量でも

お腹がいっぱいになります。

 

食べ過ぎや肥満防止につながります。

時間をかけてよく噛むことで

満腹中枢を刺激する脳内物質が

分泌されます。

 

お食事をしはじめてから、血糖値があがり

満腹中枢を刺激し、満腹感を感じるまでには

約20分かかると言われています。

 

美味しいもの・栄養のあるもの

バランスのとれたお食事を

時間をかけて

味わって食べると

満腹感はもちろん

非常に大きな満足感も得られると思います。

 

何かと忙しい現代

お食事の時間も短くなっていませんか?

 

1日1回でも、ゆっくりと時間をかけて

お食事をする事は心身共に

満たされた

健康的な生活を送るために必要です。

 

よく噛めていないと、胃や消化器系にも負担が

かかります。

 

よく噛んで!!と、頭ではわかっていても

なかなか難しいですよね。

 

美味しいものは、ついつい早く

飲み込んでしまったり

次をすぐにお口に運んで

しまいがちです。

 

よく噛みつつ、味わう意識でしょうか!?

 

またお食事中に、知らず知らずに

お水やお茶で食べ物を流し込むクセは

ありませんか?

 

柔らかいものばかり食べずに

噛み応えのあるものも

取り入れていきましょう。

 

調理の方法も一工夫して

食材を大きめにカットする

噛まないと飲み込めないこんにゃくや

ごぼう、きのこ類などの食材を選ぶ

また、骨の付いた焼き魚・煮魚なども

骨の取りながらのお食事となるので

必然的にお食事に時間がかかってきます。

食べたあとは

しっかりと毎日歯磨きを行ないましょう!

 

当院は阪急豊中駅から徒歩3分の立地にございます。

土曜日の午後も診療しております。

 

お電話とWEBでもご予約が可能です。

 

お口の状態は日々変化します。

ご自身とご家族のお口の現状はいかがでしょうか?

 

定期的に歯科医院で検診されていますか?

 

歯の損失は、ご自身は大丈夫だと思っていませんか?

 

知らず知らずにお口の中は進行してしまいます。

 

治療済みでもその後の

歯磨き・フロス・歯間ブラシ等で

しっかりとした歯磨きができていないと

むし歯・歯周病になります。

 

痛みや違和感が出た時に気づき

辛い思いをすることもあります。

 

まずは検診を受けて

ご自身の歯の状態を知ることから

始めましょう!

 

お久しぶりの方も大歓迎です。

 

特に何も無くても、お口の状態をしっかりと

検査して歯のクリーニングをしましょう。

 

3ヶ月に1回の定期検診もぜひお越しください。

 

また、何か気になることがございましたら

お気軽にご相談下さい。

 

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日