咬合性外傷とは|豊中駅から徒歩3分の歯医者「うおた歯科医院」

    • 06-6854-4180

    【診療時間】午前9:00~12:00 / 午後14:00~19:00

ブログ

カテゴリー:

咬合性外傷とは

  • 院長ブログ

豊中駅から徒歩3分の

うおた歯科医院です。

 

ブログのご訪問ありがとうございます。

風が吹くと、桜の花びらが舞い散り

あっと言う間に葉桜となりましたね。

 

今年も満開の桜は本当に綺麗でした。

 

豊中市の小・中は今日が入学式です。

ご入学おめでとうございます。

 

ピカピカの大きなランドセル

中学校の新しい制服

慣れない環境に戸惑うこともあるかと

思いますが

色々なことにチャレンジして

自信を持って、充実した毎日を

過ごしてください。

 

毎日の歯磨きは丁寧にブラッシング・フロス

フッ素ジェルの塗布

3ヶ月に一度の歯科医院での

歯のクリーニング・定期検診

むし歯も歯周病もない

綺麗なピカピカ・ツルツルの歯でも

ご本人が気がつかない間に

歯がぐらついている

揺れている事がございます。

 

歯ぎしり・噛みしめ

噛み合わせ・歯並びが

気がつかないうちに

周囲の組織に

ダメージを与えてしまうことが

あります。

 

歯ぎしり・噛みしめは

決して特異なことではありません。

 

誰もがしている一種のクセです。

 

ただ、噛み合わせが悪い・

歯並びが悪い状態で

歯ぎしり・噛みしめで

特定の歯に強い力や

負担がかかり

長い年月をかけて

損傷がおこります。

 

これを

咬合性外傷と言います。

 

名前の通り

噛み合わせが原因で

過度な力による

歯と周辺組織が

傷ついた状態のことを言います。

 

歯の噛み合わせは

ずっと同じ状態で

あり続けるわけではありません。

 

子供の頃に

歯の矯正をしたので

噛み合わせ・歯並びが

良かった人でも

寝ている向き・歯ぎしり

噛みクセ

歯の治療・歯周病というような

要因で噛み合わせの

バランスも変わってくることも

あるために油断はできません。

 

咬合性外傷により

症状が出た時に

その方の生活環境・クセ

ストレスなども関係が深いため

ご本人には日中は

歯を噛み合わないように

心がけてもらい

対処療法的には

寝ている時は

マウスピース

(ナイトガード)を使っていただきます。

 

当院オリジナルのマウスピースです。

 

違和感の少ない

とっても小さいサイズです。

保険適用です。

 

患者さまに合わせたマウスピースで

歯ぎしりの抑制と

歯とあごの関節への

負担を大幅に軽減いたします。

 

一般的な上の歯全部を覆う

透明なマウスピースとは違い

前歯裏にはめていただくだけなので

違和感が大幅に少ないです。

 

大切な睡眠・安眠

の邪魔をしない

当院オリジナルのマウスピースとなります。

 

歯ぎしりする歯が当たらないように

調節して、お作り致します。

 

歯ぎしり・食いしばりは

個人差があり

メカニズムも、治療法も完全に

とは難しいですが

少しでも抑えてトラブルを

改善することはできます。

 

気になる点がございましたら

ぜひ豊中市のうおた歯科医院

お越しください。

 

当院は、阪急豊中駅

北改札口を出て

徒歩3分ほどです。

1階と2階に診療室がございます。

 

1階は主に予防歯科・クリーニングを行っています。

お電話・WEBでもご予約が可能です。

 

お口の周りで気になる点

マウスピースの作製や

歯の検診とクリーニングを

ご希望でしたら

豊中市のうおた歯科医院で

お待ちしております。

 

ご予約はこちら

ページトップへ戻る