キシリトールガムの働きと選び方

豊中市うおた歯科医院です。

ブログのご訪問ありがとうございます!

8月下旬だというのに

ここ数日は朝・晩と涼しく

過ごしやすいです。

 

秋の気配もかすかに

感じられる豊中です。

雨も続いています。

 

このまま夏は終わるのでしょうか?!

残暑が続くのでしょうか?!

最近のお天気は

ほんとわからないですね。

 

夏の終わりは

少し寂しい気がしますが

清々しい秋の空も楽しみですね!

キシリトールガム

どこにでもたくさん売っています。

 

皆さまもお口にした事があると思います。

 

キシリトールとは

シラカバやトウモロコシの芯

などから採れる甘味料です。

 

キシリトールの甘さは

お砂糖とほぼ同じです。

 

キシリトールは

お口の中に入れると

すぐに溶けこの時に

多くの熱を吸収するので

ひんやりとした

爽やかな甘さが広がるのが特徴です。

 

当院で販売しているキシリトールガム↓

フルーティな

アップルミント味です。

すごく美味しいので

毎日美味しく噛んでいただけますよ〜。

 

○むし歯の原因の酸を作らない

むし歯菌は

砂糖によりむし歯の原因となる

酸を作りますが、キシリトールでは

酸を作れません。

 

○むし歯菌の数を減らす

キシリトールにより、むし歯菌の活動が弱まり

他の糖からも酸を作ることができなくなります。

 

○むし歯になりかけた部分をもとに戻す(再石灰化)

キシリトールをお口の中に入れると

唾液がたくさん出て歯の表面を中和し

歯を酸から守ります。

 

普段唾液について

皆さま

ほとんど意識していないと思いますが

唾液の量が少ないと

むし歯や病気、消化吸収に

悪影響が出たりします。

 

お食事・おやつを食べるたびに

お口の中は酸性になり

歯の表面のミネラル成分が溶け出し

むし歯のリスクが高くなります。

キシリトールをお口の中に入れると

唾液がたくさん出て

歯の表面を中和し

歯を酸から守ります。

 

市販品のキシリトールガムは

キシリトール以外の甘味料が

入っているので

その甘味料でむし歯になる

可能性もあります。

 

なのでむし歯のリスクを減らせる

『キシリトール100%』

むし歯予防に最適な

歯科専売品のキシリトールガム

おすすめ致します。

 

また市販品のキシリトールガム1粒と

使用しているキシリトールの量が

全然違います。

 

歯科専売のキシリトールガムは

キシリトールが

市販品の約2倍です。

またよく噛んで

唾液の分泌を促すために

市販品よりガムは固めになっています。

 

おすすめのキシリトールガムの噛み方は

お食事のすぐあとがオススメです。

 

たくさん唾液もでるように

5分間しっかりと噛んでください。

 

その後丁寧に歯磨きをしてください。

 

キシリトールガムを噛んでいれば

大丈夫ではなく

毎日の歯磨きはしっかりと丁寧に

行なってください。

 

歯やお口周りで

気になる点がございましたら

ぜひ豊中市のうおた歯科医院

お越しください。

当院は、阪急豊中駅

北改札口を出て

徒歩3分ほどです。

阪急沿線沿い・国道176号線沿いにございます。

歯のクリーニングと検診は

歯科衛生士が優しく丁寧に

1本1本歯の汚れを落としていきます。

 

汚れが付きにくい

ツルツルのピカピカの歯に

仕上げていきます。

 

最後に

むし歯予防の

フッ素塗布をします。

 

1階と2階に診療室がございます。

1階は主に予防歯科・クリーニングを行っています。

 

土曜日の午後も診療しております。

 

お電話・WEBでもご予約が可能です。

 

豊中市のうおた歯科医院で

お待ちしております。

 

 

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日