ブログ|豊中駅から徒歩3分の歯医者「うおた歯科医院」

    • 06-6854-4180

    【診療時間】午前9:00~12:00 / 午後14:00~19:00

ブログ

カテゴリー:

親知らずとは

  • 院長ブログ

豊中駅から徒歩3分

うおた歯科医院です。

ブログのご訪問ありがとうございます。

入口

入口に手の消毒液を置いています。

 

ご来院されましたらまず

お使いください。

一階の診療室です。

 

患者さまからいただきました

可愛い折り紙の花束を飾っています。

 

連日続く

九州地方からの大雨被害が

大変なことになっています。

 

さらなる被害が発生しないことを祈ります。

 

 

親知らずと聞くと皆さまは

どのようなイメージですか?

 

親知らず=抜く=痛い

 

というイメージが多いのではないでしょうか?

 

親知らずはなぜ抜くのか・・・?

 

親知らずとは前から数えて

8番目の歯のことで

多くの方が20歳前後に生えてきます。

 

親知らずが真っ直ぐ生えてくる方は少なく

正しく噛み合っていないために

汚れがたくさん付いている場合が

ほとんどです。

 

隣の歯を押して

その歯が虫歯になったり

歯並びを乱して

噛み合わせが悪くなる可能性もあります。

 

そして歯ブラシが届きづらく

上手に磨けません。

 

むし歯や歯周病

腫れや口臭の原因になりやすいなど

抜歯の理由はたくさんあります。

 

親知らずは他の歯の寿命にも

関わります。

 

自覚症状がない方も是非一度ご相談ください。

親知らずの生え方には

色々なパターンがあります。

 

・まっすぐタイプ

まっすぐ生えている場合でも

あごの奥のスペースが無い場合は

抜歯する事もあります。

 

・斜め(半埋伏)タイプ

親知らずが歯茎の表面に対して

斜めに生えて手前の奥歯に

ぶつかって移動することができないタイプ

 

下の歯の親知らずでよく見られますが

上の親知らずもまれにあります。

 

・水平埋伏タイプ

親知らずが完全に倒れ込み

前の歯の根の部分を

横から押すように

生えているタイプ。

ほとんどが下あごで起こります。

 

抜歯にはあごの骨を少し

削ったり

親知らずを割って

2〜3個に分離してから

取り出したりします。

 

どのタイプの親知らずかは

事前のレントゲン撮影ですぐに分かります。

 

場合によっては総合病院

大学病院の歯科口腔外科への

ご紹介となる場合もございます。

 

当院では治療中の痛みを

少なくするために笑気麻酔もございます。

笑気麻酔とは

笑気と酸素を吸入することである程度

痛みや緊張感

不安感を軽減させる麻酔法です。

無臭で毒性がないため

お子さまにも

落ち着いて使っていただくことができます。

大人の方でも

親しらずの抜歯などの治療に

必要とする方には

緊張をやわらげるために

使用させていただいております。

当院で笑気麻酔を使ったお子様からは

「またやってほしい!」というお声を

よくいただいており、大変好評です。

 

またスタッフ全員が明るい雰囲気で

患者さまをお迎えすることも

心がけております。

 

来てよかった、相談してよかったと

思っていただけるように

努めております。

 

ぜひ歯やお口周りで

気になるところがございましたら

豊中市のうおた歯科医院まで

お越しくださいませ。

 

スタッフ一同

アットホームな雰囲気を心がけて

お待ちしております。

 

当院は、阪急豊中駅

北改札口を出て

徒歩3分ほどです。

1階と2階に診療室がございます。

 

1階は主に予防歯科

クリーニングを行っています。

お電話・WEBでもご予約が可能です。

小さなお子さまから、ご高齢の方まで

気になる点や

検診・歯のクリーニングを

ご希望でしたらお気軽にご予約してください。

 

ご予約はこちら

ページトップへ戻る