歯ぎしり・噛みしめを治そう!舌の正しい位置

豊中市うおた歯科医院です。

ブログのご訪問ありがとうございます。

今年の梅雨は

昨年と全然違いますね。

 

暑さは昨年に比べてまだ

過ごしやすく

雨は少ないのかな?!と思うと

昨晩の豊中は滝のような

猛烈に

激しい雷雨でした。

 

お天気の急変に要注意ですね。

 

 

歯ぎしりや噛みしめ

決して特異なことではありません。

 

しかしながら

ひどくなると

大切なご自身の歯に

大きなダメージを与え

全身への影響も大きいです。

 

○歯への障害

○歯ぐき・歯周組織への障害

○顎関節への障害

○肩こり・頭痛・腰痛・腕のしびれ

○倦怠感 など 不調を起こす原因です。

 

またご自身では気づいていない

自覚のない方も、いらっしゃいます。

 

歯のすり減り

歯の痛み

歯が欠ける

歯の詰め物が外れるなど

 

 

歯科医院で患者さまの歯を

みるとわかる場合もございます。

 

歯ぎしりを完全に止める(治す)治療法は

ありませんが

歯を失う原因とも

なりうりますので

歯ぎしり・噛みしめは

少しでも抑えていきましょう!

○まずは日中の気づきから

お仕事中・パソコン・スマホに

集中していたら、無意識のうちの

奥歯噛み締めていませんか?

 

頬の力を抜いて

歯を噛み合わないようにします。

 

○舌の正しい位置

唇は閉じて舌先は

前歯裏の付け根から

上顎に

ぴったりと沿うように

意識しましょう。

 

前歯は押しません、当たりません。

 

舌の正しい姿勢

あるべき位置を

クセづけにしていきましょう。

 

○歯科医院でのマウスピース作製

 

当院オリジナルのマウスピースです。

違和感の少ない

とっても小さいサイズです。

患者さまに合わせたマウスピースで

歯ぎしりの抑制と

あごの関節への

負担を大幅に軽減いたします。

 

一般的な上の歯全部を覆う

透明なマウスピースとは違い

前歯裏にはめていただくだけなので

違和感が大幅に少ないです。

 

大切な睡眠.安眠

の邪魔をしない

当院オリジナルのマウスピースとなります。

 

歯ぎしりする歯が当たらないように

調節して、お作り致します。

 

○寝ている時のコントロール

枕は低めで仰向けで眠るようにしましょう。

 

お布団に入ったら何も考えず

寝るだけにしましょう。

 

歯ぎしり・食いしばりは

個人差があり

メカニズムも、治療法も完全に

とは難しいですが

少しでも抑えて

歯ぎしりによるトラブルを

改善することはできます。

 

気になる点がございましたら

ぜひ豊中市のうおた歯科医院

お越しください。

 

当院は、阪急豊中駅

北改札口を出て

徒歩3分ほどです。

1階と2階に診療室がございます。

 

1階は主に予防歯科・クリーニングを行っています。

お電話・WEBでもご予約が可能です。

 

お口の周りで気になる点

マウスピースの作製や

歯の検診とクリーニングを

ご希望でしたら

豊中市のうおた歯科医院で

お待ちしております。

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にてご連絡ください。

TEL:06-6854-4180

【診療時間】9:00~12:00  14:00~19:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日